共働きの家事分担 パートだって仕事と家事育児の両立は大変なのです!

在宅の仕事で自由な時間に働けるとは言え、1日が24時間というのは変わりません。
専業主婦の時と同じ時間の使い方では、当然時間が足りなくなります。
まずは家事や育児を少し手抜きして時間を作ります。
それでも時間が足りないとなると、旦那さんにやってもらう必要があります。
そもそも、やってもらうというのは正しい表現なのでしょうか?
よく考えてみると、旦那さんが家事をやると「やってもらう」で、
私が家事をやると「やって当たり前」になっているような気がします。

私は在宅の仕事だし、旦那さんより勤務時間が短いので、
旦那さんより家事を多くやることは問題ありません。
問題なのは、旦那さんが「家事を手伝ってやってる」と思っていることです。
俺はこれだけやってやってるのに!
よその旦那さんに比べてやってる方だ!
なんて主張するのは、家事を手伝ってやってると思っているからのなのです。
一緒に生活していく以上、協力するのは当たり前です。
子供だって私ひとりの子供ではありません。
「手伝ってやってる」のではなく、「やって当たり前」なのです。

でもパートでしょ?家事くらいできるでしょ?と思う人もいるかもしれませんが、
パートだって仕事と家事育児の両立は大変なのです。
パートの人の多くは、家事も育児も仕事も全力投球しているのです!
掃除、洗濯、料理、子供と一緒に遊んで、子供の宿題や勉強を見たり、
子供の習い事の送り迎え・・・これに加えて仕事をしているのです。
体調が悪い時や、少しゆっくりしようと思ったら、旦那さんの協力が必要なのです。

最後に・・・
「よその旦那さんに比べてやっている方だ」という発言についてですが、
よその旦那さんがどれだけ家事をやっているかなんて、どちらでもいいのです。
よその旦那さんより家事を多くやって欲しいわけではないのですから。




この記事へのコメント

人気記事