短くなった鉛筆、小さくなった消しゴム、まだまだ使えます!!

短くなった鉛筆は、昔ながらの銀色の補助軸↓を使っていました。

クツワ STAD 補助軸 RH004 2本入 -
クツワ STAD 補助軸 RH004 2本入 -

でもこれ、子供がすぐに外してしまい、外したら外したままにしてしまいます。理由は、電動の鉛筆削りで鉛筆を削る時に邪魔になり、また付けるのが面倒だから。確かに、鉛筆を固定させる部分をクルクル回して付け外しするのは面倒・・・ということで、簡単に付け外しできるものがないか探してみました。そうしたら、便利そうなものを2つ見つけたので、試しに2つとも購入してみました。

1つ目がこちら↓
ソニック 補助軸 グリッペン ブルー SK-112-B -
ソニック 補助軸 グリッペン ブルー SK-112-B -

鉛筆を差し込むだけで固定され、外す時も引き抜くだけ!鉛筆の長さは回して調整できます。回転繰り出し式の消しゴムも付いています。そして、2つ目がこちら↓

クツワ HiLiNE 鉛筆ホルダー RH015SV シルバー -
クツワ HiLiNE 鉛筆ホルダー RH015SV シルバー -

これは、ボールペンを出すみたいに頭の部分を押すと、鉛筆の抜き差しができます。鉛筆をひっくり返せば、キャップ代わりにもなります。デザインがおしゃれなので、大人にもおすすめです。息子は1つ目の方を気に入ったみたいです。

そして消しゴムですが、こちらも悩んでいました。ケースはすぐにグチャグチャにしてしまうし、消しゴムはすぐに折ってしまうしで、消しゴムの寿命が短かったのです。そこで、この消しゴムを購入しました↓

パイロット ケシキーパー ホワイト -
パイロット ケシキーパー ホワイト -

ケースのおかげで消しゴムが折れにくいし、小さくなった消しゴムもしっかり握れて消しやすいのです!ケースには好きなシールを貼って、お気に入りの消しゴムになりました。息子たちには、物を大事に使って欲しいなと思います。




この記事へのコメント

人気記事