子供にさせたい習い事「プログラミング」が急上昇!我が家は親子でWeDo 2.0 を勉強中です

KIMG0725.JPG

2012年から中学生のプログラミング教育が必修科目となりました。小学校でも2020年までに必修にと言われていることもあり、プログラミング教室が注目されているようです。子供向けのプログラミングについて調べてみたら、無料でできるサイトもあることを知り、まずは「Hour of Code」から始めてみました。Hour of Codeは、小さい子供にもわかりやすく、ゲーム感覚で楽しく進めることができます。そして、Hour of Codeの次は「Scratch」に挑戦。Scratchは参考書籍がいくつか出ているので、本の内容に沿って学ぶことができます。

小学生からはじめるわくわくプログラミング -
小学生からはじめるわくわくプログラミング -

ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!スクラッチ2.0アイデアブック―ゼロから学ぶスクラッチプログラミング -
ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!スクラッチ2.0アイデアブック―ゼロから学ぶスクラッチプログラミング -

我が家の場合、Scratchをやっている途中で少し飽きてきてしまったので、教材をレゴの「WeDo 2.0」に変更しました。WeDo 2.0は、レゴブロックを組み立てて動かすことができます。パソコンの中で動くScratchより、自分で組み立てたブロックが目の前で動くWeDoの方が面白いようで、とても楽しく続けています。(Scratchもロボットプログラミングできるのですが、レゴよりは難しいのです・・・)

WeDo 2.0は、チュートリアルを見ながら組み立てていくことができるので、子供にもわかりやすいです。少しお値段は高いですが、プログラミング教室の月謝に比べれば安いものです。ただ、本格的に勉強するなら、プログラミング教室へ通った方が良いと思います。ただ、本格的に勉強したいと言い出すかどうかはわからないので、それまでは自宅で親子で学んでいこうと思っています。

WeDo 2.0のチュートリアルに沿って作ったものです↓





この記事へのコメント

人気記事