応募者全員無料で児童書がもらえる!進研ゼミプラス特別企画がすごい!!

ベネッセの「お子さまの世界を読書で広げよう」という進研ゼミプラスの特別企画。今後の読書習慣のきっかけとなる1冊を、応募者全員に無料プレゼントしてくれるそうです!おすすめの全24タイトルの本の中から好きなものを選ぶのですが、低学年、中学年、高学年別に紹介されていて、とても選びやすくなっています。プレゼントの本は文庫のようなので1冊600円程度ですが、応募者全員にプレゼントというのはすごいですね!我が家は子供と一緒に選び、早速応募しました。締切は、2017年3月31日です。

進研ゼミプラス特別企画「お子さまの世界を読書で広げよう」

どの本を選んだらいいのか迷っている方には、「かいけつゾロリ」がおすすめです。絵本を自分で読むことはあっても、長い文章の本は自分で読みたがらなかった息子が、初めて1人で読んだ児童書が「かいけつゾロリ」でした。途中まで読み聞かせをして、続きはまた今度ね!としていたところ、続きが気になって自分で読んでいたのです。後で知ったのですが、「かいけつゾロリ」は、読みだすと続きが気になるページ構成になっているそうです。

かいけつゾロリのおいしい金メダル (かいけつゾロリシリーズ 59) -
かいけつゾロリのおいしい金メダル (かいけつゾロリシリーズ 59) -



Wワーク再開!毎日時間に追われています・・・

夏休みにお休みしていた派遣の仕事ですが、現在は再開しています。再びWワークとなり、秋は学校行事が多いこともあり、忙しい毎日を送っています。時間を有効に使えるように時間ごとのスケジュールを立てていますが、疲れや眠気でスケジュール通りに進まないことも多いです。やりたいことも沢山あるのですが、全く手を付けられていない状況なので、少し仕事を減らした方が良いのかもしれません。しかし、仕事を減らすということは、お給料が減ってしまいます。お給料を減らさずに仕事を減らすには、今よりも時給が高い仕事に転職するしかありません。時給が高い仕事となると、それなりにスキルも必要なので、今より勉強しなくてはいけないと思うのですが、勉強する時間が取れません・・・。この悪循環をどこかで断ち切らないと!と思いながら、なかなか動けないでいます。この忙しい時期が少し落ち着いたら、今やりたいこと、今やらなくてはいけないこと、これからのためにやっておいた方が良いこと、優先順位をしっかり考えて、自分の仕事を見直したいと思います。



子供にさせたい習い事「プログラミング」が急上昇!我が家は親子でWeDo 2.0 を勉強中です

KIMG0725.JPG

2012年から中学生のプログラミング教育が必修科目となりました。小学校でも2020年までに必修にと言われていることもあり、プログラミング教室が注目されているようです。子供向けのプログラミングについて調べてみたら、無料でできるサイトもあることを知り、まずは「Hour of Code」から始めてみました。Hour of Codeは、小さい子供にもわかりやすく、ゲーム感覚で楽しく進めることができます。そして、Hour of Codeの次は「Scratch」に挑戦。Scratchは参考書籍がいくつか出ているので、本の内容に沿って学ぶことができます。

小学生からはじめるわくわくプログラミング -
小学生からはじめるわくわくプログラミング -

ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!スクラッチ2.0アイデアブック―ゼロから学ぶスクラッチプログラミング -
ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!スクラッチ2.0アイデアブック―ゼロから学ぶスクラッチプログラミング -

我が家の場合、Scratchをやっている途中で少し飽きてきてしまったので、教材をレゴの「WeDo 2.0」に変更しました。WeDo 2.0は、レゴブロックを組み立てて動かすことができます。パソコンの中で動くScratchより、自分で組み立てたブロックが目の前で動くWeDoの方が面白いようで、とても楽しく続けています。(Scratchもロボットプログラミングできるのですが、レゴよりは難しいのです・・・)

WeDo 2.0は、チュートリアルを見ながら組み立てていくことができるので、子供にもわかりやすいです。少しお値段は高いですが、プログラミング教室の月謝に比べれば安いものです。ただ、本格的に勉強するなら、プログラミング教室へ通った方が良いと思います。ただ、本格的に勉強したいと言い出すかどうかはわからないので、それまでは自宅で親子で学んでいこうと思っています。

WeDo 2.0のチュートリアルに沿って作ったものです↓





人気記事